音楽の専門学校ではどんな勉強をするのか

音楽と共に生きて行くために音楽専門学校を目指している方のお助けサイト

歌手やアーティストだけじゃ無い!

音楽を学ぶには、色々な道があります。
小さい頃から先生についてピアノやヴァイオリンを習っていたという方もおられるでしょう。そして音楽大学、音楽学部を目指している方もいるでしょう。

そうした音楽を学ぶ場所の一つとして音楽専門学校があります。同じ音楽を学ぶにしても、そもそも音大と専門学校では何が違うのでしょうか?

音楽大学では学問、芸術としての音楽を追究する場であるという事ができるでしょう。対して音楽専門学校は、音楽にまつわる仕事、或いは趣味のために、実際の歌唱や演奏技術、そして音楽に関わる多くの分野の背景や現場についての知識やスキルを学ぶ実践の場という側面が大きいです。

音楽大学や音楽学部に入学するためには、一般の大学入試と同じ試験があるのは勿論、音楽の専門分野の学科試験、また実技試験としては、その場で奏でられた楽曲を譜面に書き起こしたり、渡された楽譜を初見で歌ったりと言った事が求められますから、義務教育や高等教育で学んだ以上の音楽知識とスキルが要求されるという面があります。また大学は専門学校に比べると学費が高めです。

一方、音楽専門学校では、譜面の読み書きから学べる学校もありますし、高校生や社会人の入学を認めているところもあります。また、多くの専門学校が、ミュージシャンとしてのデビューの機会や、周辺業界との繋がりがあって、就職支援が得られる事や、趣味として楽しみたいという人も受け入れている事も大学との違いです。

また、音楽専門学校の多くが、大学には無い、ロック、ポップス系のコースを設けており、単に音楽家に向けられた物では無い、周辺業界の選択コースを数多く揃えています。既に幾つかの音楽専門学校のサイトを開いてみた方なら、意外と思える学科やコースがある事に驚かれたかもしれません。

音楽専門学校では何が学べるのか、これから御紹介していきましょう。